日本CBDエデュケーションについて

日本CBDエデュケーションは、H&F DISPENSARYが設立した、カンナビノイドへの学びを深める教育部門です。

いま欧米をはじめとする、世界の様々な国でブームとなっているCBD(カンナビジオール)。CBDは『麻』から抽出された成分で、日本でも、感度の高い人たちの中では、新たな健康・美容成分として、利用され始めています。『麻』から抽出されるので、日本ではその成分さえ研究することが難しく、CBDを健康のためにきちんと活かす方法を知る人は極めて少ないと言えるでしょう。

そんな日本の状況の中でも、欧米から輸入された色んなCBD製品がインターネットショップに次々と登場し、色んな人が、色んな方向から、麻やCBDについて語っていて、ネット上の情報は日に日に増え、ちょっと調べればたくさんの情報にアクセスすることができるようになりました。その反面、情報が増えすぎたことで、「どこの、どの製品を、どれだけ使えばいいの?」と、逆にわかりにくさを助長している状況です。

日本CBDエデュケーションでは、一般消費者が安心してCBD製品を手に取ることができるよう、フラットな視点からの知識の提供を主軸として活動をおこなっています。